昨今のAI事情

機械学習に精通しているエンジニア同士で昨今の”AI”という言葉の使われ方についてよく話題になる。AIの誤用が目立つためだ。

1960年末に微分方程式を瞬時に計算するのを人工知能(AI)と呼んだ時代があり、暫くするとそれを人工知能とは呼ばなくなった[1]。2019年、令和時代となった現在、再び方程式を解くプログラムはAIと呼ばれはじめた。最小二乗法で解いて導いたものさえ”AI”と表現する。これはあまりにも酷い。一体何が起きたのか。

AIとは人工知能、考えるコンピューターであるはずだ。ある部分を計算処理するだけのプログラムはAIとは呼べない。全体を理解し処理できて始めてAIとよべる。例えば、人の声を音声理解(自然言語理解)、或いはレシートなどの画像を見せて、コンピューターが”それ”を自動的に判断して”適切な処理”を実施する仕組み、この全体処理でAIと呼ぶ。(厳密にはこれでも弱いくらいだが。。)人間がコンピューターを使って得た結果をひっさげて「これはAIで導き出しました」と言っている姿は、1960年代に戻ってしまったのかと思う。1960年末に微分方程式をといたプログラムをAIと呼んだのは、技術者たちが仕組みを理解せずコンピューターが式を理解して解いたと誤解したためだ。つまりアルゴリズム(仕組み)を知らなかった為で、雑に言えば無知だった。現在、多くの会社がAIというワードを利用するのも、経営陣がコンピューター(サイエンス)を知らなすぎること、無知である事に他ならない。

それにしても何故ここまでにAIというワードがこれほど乱発されるのか。それは顧客の信頼を得たかったり、投資家から資金を調達したいからだ。

AIは完全にマーケティングワードになっている。ライバル会社たちが一斉にAIと言い始めれば、AIという言葉を使わざるを得ない。「あれはAIとは呼べない、インチキだ!」と胸を張って言えば良いようなものだが、経営陣がAIを全く理解していないからしょうがない。見栄えをよくしたい会社や技術に自信がない会社は、なんだか解らない”AI”という言葉をWEBサイト上で乱発する。逆に、例えばPreferred networks社など、機械学習や分析技術に明るい会社ほどAIという言葉はむしろ利用していない。意味を分かっているし、技術にも自信があるからだ。

AIを日本語訳すると”人工知能”だが、「知能」の定義は何か。Webster’s Dictionaryでは知能を次のように定義している

  • 「経験から学ぶ能力や知識を獲得する能力」
  • 「新しい自体が発生したときに迅速かつ適切に対応する能力」
  • 「問題を見極めてこれを解決するために推論を用いること」

AIを謳う会社は、上記の定義を見比べながら自社製品が本当に”知能”をもっているか再考してほしいものだと感じる。

索引:[1]”偉大なる知恵者”の原理と仕組み、応用をさぐる人工知能

投稿者: 等々力 康弘

画像処理エンジニア。組み込みソフト出身。 株式会社モルフォにてR&D部門、主に機械学習業務に携わり、顔認識&顔検出のアルゴリズム開発に従事。国内特許数件、国際特許1件。 モルフォ社退社後、株式会社Dynaptico創業(CEO)。アメリカ人、スウェーデン人と3名とフードデリバリーサイトmaishoku.comを立ち上げる。社長業の他、開発業務においてバックグラウンド関連全般(Djangoを用いいたバックエンドサーバ&APIサーバーの作成、 リバースプロキシなどの負荷分散サーバ関連、OCRプログラムの作成、CISCOルータの管理, 、seleniumを用いたテストサーバーの構築、Androidアプリの開発等々)に携わる。 2019年DynapticoのCEOを辞職。 2020年2月にComputer Scienceに特化した株式会社OctOpt創業。 OSはUbuntu。Appleが苦手。Swiftのバージョンアップ対応とか死ぬほど嫌い。 Python/C++/C Twitter: @rocky_house シフト自動調整スケジュールサイトをVue.js+graphene djangoで構築. https://www.allshifter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です